ODENote

ODEN + Note = ODENote

「ある規格の最終製品が最もコスパが良い」の法則 (4G スマホ)

本記事はアフィリエイトリンクを含んでいます

2021年5月29日 11:10 「まとめ」で日本語がおかしかった部分を修正

きっかけ

最近、OnePlus の公式アカウントから発信された以下のツイートを見かけた。

全世界に向けたアンケートで15,000票、6割の人は 4G を使ってるのか。
8割くらい 5G 端末使ってる気がするのは界隈のせい。

ちなみに、私が現在使っているのは 4G スマホ4, 5台である。 5G 端末は1台も持っていない。

今回は最終型の 4G スマホとそのコスパについて考えてみたい。

最終型の 4G スマホ

Galaxy Note10+

前述した「4G スマホ4, 5台」の中には docomo 版 Galaxy Note10+ も含まれる。

この端末が国内の Galaxy Note シリーズでは最終となった。 docomo, au, 楽天モバイルで取り扱われていた。 基本的に、どのキャリアでも販売終了しているようだ。
下の記事に詳しいが、楽天モバイルでは一時 異常に安かったのに。残念。

今でこそハイエンド機種は15万円前後みたいなのが当たり前となってきたが、そんなお金出す必要があるか甚だ疑問な昨今。 市場に出回っているのは中古端末となるが、Samsung の言うことを信じれば、あと1回 OS アップデートもあるはず。

Amazon.co.jp (Galaxy Note10+)
Yahoo! ショッピング/ PayPay モール (Galaxy Note10+)
楽天市場 (Galaxy Note10+)

iPhone SE 2

注: 新しい方の iPhone SE を指している。Apple 的には「2」は付かない。紛らわしい。どういうネーミングセンスなんだ……。

これは「最終の 4G iPhone」とは断言できないかもしれない。しかし、最終に近いのは確かだ。 iPhone 12 シリーズは全機種が 5G 対応を果たしたため、これ以降、SE シリーズ以外で 4G 端末が出ることはないだろう。

母親がiPhone 8 から iPhone SE 2 に機種変更した。

妹はもうすぐ楽天モバイルで新規で契約するつもりらしい (らしいというか、ゴリ推ししたのは私)。 妹に関しては、iPhone 8 Plus からの機種変更となる。廉価版の大型 iPhone、もう作ってくれないんだろうなぁ……。

49,280円 (税込) からという超絶コスパiPhone 11 シリーズと同じチップセット搭載なんで性能も文句なし。 これと iPad Air でも買っておけば、コスパ抜群 Apple 製品に囲まれることができる。 イラスト描く人とか動画編集とかする人は iPad Pro 12.9インチか……。 でも12.9インチのミニ LED 第1弾は人柱っぽくてな〜。
実際、以下のような報告がされてるわけで。 11インチ 買うなら iPad Air でいい気がするし。

Amazon.co.jp (iPhone SE 2)
Yahoo! ショッピング/ PayPay モール (iPhone SE 2)
楽天市場 (iPhone SE 2)

まとめ

最終の 4G スマホには、出始めの 5G スマホにおいて発生している以下の問題がない

  • アメリカ以外ではミリ波非対応が云々〜〜〜 (iPhone 12 シリーズ、君のことやぞ)
  • チップセット (分かってる感出そうと思って「石」と表記しようとしたがやめておく) の発熱酷くてアチアチ〜〜〜

良い意味で枯れている。 実際、そういう需要もあるでしょ。

ここまで、資本経済の根本を否定しにかかってる感じがないこともないが。

ちなみに、ある高専教員が「私はスマホを使っていません。スマホの次のデバイスが出たらようやっとスマホに変えるつもりです」と言っていたのを聞いたことがある。
非常にハイレベル。流石にそこまでは真似できなかった。